良いものを紹介します

SNSの人脈づくりの注意点

2013-5-15
SNSの人脈づくりの注意点

 

Facebookやtwitter、LINEなど、SNSでの交流が盛んな時代です。
フェイスブックなどは実名なので地方や海外で昔の友人とSNS上で出会うことが多くなったかたも多いはず「懐かしい友人と会えた」「昔の初恋のひとと会えた」などと、昔の仲間にもSNSを活用している方も多いのではないでしょうか。

 

ところが、使い方によっては、昔の友人との楽しい人脈づくりで嫌われてしまう場合もがあることをご存じでしょうか? せっかく昔の友人や恋人とつながったのに残念ですよね……

 

そこで、SNSで気をつけたい人脈づくり注意することを聞きしました。

 

1.facebookでの注意点は、友達申請をした場合にメッセージをつけない
facebookで昔の知り合いを見つけて友達申請を出すと思いますが、そのときにメッセージをつけていますか?

 

友達申請の場合には、必ず相手に対して自分は、だれだれですとメッセージを付けることをオススメしたいですね。

 

2.twitterで不特定多数の人にフォローを要求する

 

特にtwitterで多いのですが、フォローを要求してくる人です。
業者などは“つぶやき、大変楽しかったです。フォローしますので、こちらもフォローお願いします”というメッセージや返信を送ってくる人々なのですが、いきなり相互登録を求めるのは、マナー違反ですよね。
読者やフォロワーになるのはその人の自由ですが、相手にフォローを要求することのないようにしましょう」

 

2013-5-8
男性から見て、魅力的な女性とは…。
ケース1
どちらかというと主張がなく、男性の意見に同調して男性をたてながら
そうさせながらもこういうのはどうとさりげなく男性をコントロールする女性。
ケース2
いつもキレイな身の回り品をつけている女性。
髪やメイクなど清潔感があることが大事。
ケース3
料理ができる女性。
やはり何だかんだ言っても、家庭の団欒は食事をイメージします。
ケース4
一緒に歩いたときに自慢できる女性。
美人である必要はなく、姿勢が良いとか何気ない魅力がある女性。
ケース5
華奢なイメージが感じられる女性。

ひとりでも生きていける強いイメージがあるとどうしても一歩引きます。

 

 

2013-5-1
実名での登録のフェイスブック。
日本でも爆発的にユーザーが増えています。個々の個性や生活などを自分が情報を発信していますが、投稿して記事によっては知らぬまに嫌われることがあります。
どのような記事が嫌われるのでしょうか。
特に女性が男性のフェイスブックを見て幻滅するパターンを見て行きましょう。

 

第一は、圧倒的に自慢話です。
仕事、交友関係、自動車や持つ物などを自慢する記事はつまらない。
そうですよね、他人の自慢話は聞きたくないですよね。
第二は、知性のアピール
いろんなことに関していろいろとコメントするのですが、大体においてくどくて読む気にならない。
第三は、人の悪口
タレントさんや政治家、また友人に対して悪口を言うのは見る気がしないし、人間性を疑う。
第四は、秘密をばらす
ここだけの話なんだけど、フェイスブックに記事を載せた時点で公になっていることを気づいていない。

 

以上がフェイスブックで嫌われる記事です。
当然といえば当然の内容ですよね。
いいねを押すときは注意してクリックしよう。